Follow Us.RSS

2011年4月26日(火)PayPal API 実装 TIPS

  • PayPal API を実装する上で、ポイントとなるフィールドについて解説します。ツクルゥ〜ノ!ミセテェ〜ッニャッ!

  • (2011年4月27日(水) 午前3時44分23秒 更新)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

PayPalアカウントなしにクレジットカード決済を可能にするには?

PayPalの支払い画面で、PayPalアカウントなしに、クレジットカード決済をできるようにするには、「SetExpressCheckOut」で次のフィールドが必要です。

SolutionTypeSole(買い手はチェックアウトのために PayPal アカウントを必要としない)
LandingPageBilling(PayPal アカウントを持たないゲストのための表示を優先)

日本語リファレンスはバージョンが古いため(?)、英語リファレンスと説明が異なる場所があります(^^;。特に「SolutionType」には、かなり違うことが書いてあります。

簡単な英語なので、現状では英語版のリファレンスを見る方がよいと思います。

PayPal for Digital Goods に対応するには?

「PayPal for Digital Goods」に対応するには、「SetExpressCheckout」と「DoExpressCheckoutPayment」で次のフィールドを送信します。

PaymentActionSale(即時決済されます。)
PaymentDetails総額だけでなく、注文の明細を送信します。このとき、すべての商品(「PaymentDetailsItem」)の「ItemCategory」が「Digital」でなければなりません。

なお、売り手の PayPal アカウントで「PayPal for Digital Goods」を追加する前に、「ItemCategory」を「Digital」とすると、エラーが返ります。

また、請求総額(「OrderTotal」フィールド)と、商品価格の合計額や税額、送料などを加えた額が一致しない場合もエラーとなります。

税額については、各商品ごとに計算(「Tax」フィールド)せず、「TaxTotal」のみを送信することもできます。

おそらく、エクスプレスチェックアウト(SOAP)で、「PayPal for Digital Goods」が適用される条件は次の通りです。

  • 売り手のアカウントに「PayPal for Digital Goods」が追加されていること。
  • 売り手のアカウントに「PayPal for Digital Goods」のマイクロペイメントが適用されていること。
  • 「SetExpressCheckout」と「DoExpressCheckoutPayment」で「PaymentAction」が「Sale」であること。
  • 「SetExpressCheckout」と「DoExpressCheckoutPayment」で送信されたすべての商品の「ItemCategory」が「Digital」であること。

その他に変更するべきところはありません。

ところが、PayPal の説明だとこうなっています。。。

PayPal の説明

特に惑わされたのが新しい「CMD」値を云々という記述です。でも、SOAP での実装には全く関係なかったようです...。シュゥ〜〜〜〜ッッルッ!!

というわけで、PayPal API 実装の TIPS でした。ごきげんジョォ〜〜〜〜ルノ!

更新情報

最近の記事

RSS

カレンダー

2011年4月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
2011年3月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
このページのトップへ