Follow Us.RSS

2013年4月26日(金)記事をサイト全体で使い回すには?

  • 特定のブロックをサイト全体で使い回す Tips を二つご紹介します。

  • (2013年4月25日(木) 午前1時43分0秒 更新)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

「ホームページメーカーLite」で記事を SSI 用に書き出す方法

「ホームページメーカーLite」の「記事ページ」ページレイアウト設定には、一番最後に「ページテンプレート部分を埋め込み用ファイルに書き出す」オプションが用意されています。このオプションを有効にすると、ページテンプレートに記述された範囲がウェブページとは別に SSI ファイルとして書き出されます。

そして書き出した SSI の「埋め込みタグ」を他のページやページテンプレートに記述すれば、「ホームページメーカーLite」で作成した記事をサイト全体で使い回すことができます。

SSI で書き出す記事の範囲は「<!--ssi_body-->...書き出したい範囲...<!--/ssi_body-->」で明示的に指定することもできますので、このタグをうまく使えば、たとえばサイト全体のサイドカラムを「ホーム」と同じものにすることもできるでしょう。

「外部記事埋め込み」フィールドタイプを使う方法

外部記事埋め込み」は指定された外部記事の一部を読み込んで表示するフィールドタイプです。同じサイトにある「ホームページメーカーLite」で作成された記事の「chapter/section」を選択して読み込めるだけでなく、読み込み元 URL から指定した範囲を読み込むことも可能です。

「chapter/section」を読み込むメニュー

CMONOS.JP サンプルサイトのホームから「chapter/section」を読み込むメニュー。この例のように読み込みたい記事をメニューから選ぶだけなので簡単です。

更新情報

最近の記事

RSS

カレンダー

2013年4月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930
2013年3月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
このページのトップへ