Follow Us.RSS

2010年5月14日(金)CMONOS.JP ver1.3.20100514 を公開しました

  • 株式会社CMONOS(本社:京都府木津川市、代表取締役:遠藤 千尋)は、2010年5月14日同社の開発するカスタムフィールドCMS「CMONOS.JP」の最新版を公開しました。縦書き表示機能を大幅に強化。テンプレート中に縦書きを設定できるようになりました。

  • (2010年5月14日(金) 午後0時33分54秒 更新)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

ver1.3.20100319 - ver1.3.20100514 の変更点

旧バージョンからのユーザーは「CMONOS.JP」をダウンロード後、同梱の HowToUpdate.html の説明にしたがってアップデートしてください。

新機能

  • 「文字列」フィールドタイプの検索、および、「ファイル添付」フィールドタイプのコメント検索で、「常に大文字と小文字を区別しない」オプションが追加されました。フィールド設定の「詳細設定」から設定することができます。
  • 「数」「範囲」フィールドタイプの検索方法に、従来の「範囲を指定」と「範囲を指定+テキストエリアに複数の範囲を指定」に加え「範囲メニューから選択」「上限メニューから選択」「下限メニューから選択」が追加されました。フィールド設定の「詳細設定」から設定することができます。
  • 「日時」「期間」フィールドタイプの検索方法に、従来の「期間を指定」と「期間を指定+テキストエリアに複数の期間を指定」に加え「メニューから選択」が追加されました。フィールド設定の「詳細設定」から設定することができます。
  • 「ホームページメーカー」に「最近のカレンダー」を表示するためのタグや設定が追加されました。これはトップページなどに簡易スケジュール表としてカレンダーを表示するための機能です。
  • 「セットアップアシスタント」に「FTPアクセス制限」を追加しました。「.ftpaccess」ファイルによって、アクセス時 IP 以外からの FTP アクセスを拒絶したり、すべての FTP アクセスを拒絶します。「.ftpaccess」ファイルによる設定が有効なサーバでのみ使用できます。
  • 「縦書き」フィールドタイプを、画像の回り込みやルビに対応した新しい方式に変更しました。文字列の順序を変えず疑似縦書きを実現しているため、文字列のコピー&ペーストも可能です。旧版については「縦書き(TABLE)」フィールドタイプとして今後も使用できます。縦書き表示全体を中央揃えにしたい時や、行の高さにあわせて縦書き表示全体の高さが伸縮してほしい場合などに、旧版「縦書き(TABLE)」フィールドタイプが向いています。

仕様の変更

  • 「ショッピングカート」で商品が「デジタルコンテンツ」である場合にも「オプション」を設定できるようにしました。これまで「オプション」を設定できなかったのはデジタルコンテンツを一種類しか登録できないためですが、まったく同じデジタルコンテンツについて「通常料金+応援金」など別料金を選択可能にするケースを想定し、オプションを設定できるよう変更しました。
  • 「GoogleMaps 埋め込み」フィールドタイプの名称を「Googleマップ」に変更しました。
  • 「Googleマップ」フィールドタイプで「デフォルトの中心座標コメント」を設定できるようにしました。
  • 「テーブルメーカー」の「Googleマップ表示」で「表示レコードリストを表示する」オプションを追加しました。
  • 「テーブルメーカー」において「座標」フィールドに指定された「Googleマップ」フィールドタイプで「KML ファイル」が指定されていないとき、「詳細表示」では「Googleマップ表示」を表示するようにしました。
  • 「ホームページメーカー」において「座標」フィールドに指定された「Googleマップ」フィールドタイプで「中心座標コメント」が設定されていないとき、地図インデックスまたは地図履歴を表示するようにしました。
  • 「デフォルトのサイトテンプレート」に最新版 Opera 用の記述を追加しました。

不具合の修正

  • 「ホームページメーカー」で「前回更新時を保持」する場合でも、RSS の更新時が記事の保存日時となってしまう不具合を修正しました。
  • 「範囲」および「期間」フィールドタイプの検索結果が正しくない場合がある不具合を修正しました。検索「範囲(期間)」が検索対象データに「完全に」含まれるとき、そのデータがヒットしない不具合を修正しました。
  • 「ホームページメーカー」で「非公開」記事を自動公開する際、SSI タグが壊れてしまう不具合を修正しました。
  • 「チェックアウト」の入力通知で「チェックアウト」の URL が「カートの中身」を見る画面になっていた不具合を修正しました。
  • ver1.3.20100118 以降、タグ修正機能が空要素を削除する仕様に変更された影響で、<param></param> や <embed></embed> が削除されてしまい、YouTube 等の動画を埋め込めなくなっていた不具合を修正しました。特定タグが空要素の場合のみそのタグを削除するようにしました。
  • 「ホームページメーカー」で「前回更新時を保持」する場合でも、既存インデックスに更新した記事がみつからないとき、最新記事として表示してしまう不具合を修正しました。
  • 「メールアドレスを JavaScript + CSS + HTML エンティティで保護する」よう設定しているとき、書き込み時にメールアドレスを復元できない場合がある不具合を修正しました。

「CMONOS.JP」とは

「CMONOS.JP」は中小規模サイト向けのカスタムフィールド CMS です。サイト全体を構築する必要がない場合は、必要なツールから個別に活用することができます。

日記やニュースを更新するためのツールのほか、掲示板、カレンダー式のスケジューラー、ウェブデータベース、フォームメール作成ツールなどを、ブラウザからの操作だけで、必要なツールを必要なだけインストール可能。しかも、これら入力欄を伴う全てのツールでフィールド(入力項目)を自由に組み合わせることができます。

トラックバックや採点までフィールドとして用意されているので、投票ボタン付きのウェブデータベース、アンケート付きのブログ、コメント付きのカレンダーなどなど、ユニークなカスタマイズが思いのまま。

自由自在にカスタマイズしたツールから、RSSはもちろんポッドキャストを配信することもできます。

【ビデオツアー】
http://cmonos.jp/tour/

【サンプルサイト】
http://cmonos.com/

「CMONOS.JP」を使うメリット

簡単設置、簡単お引っ越し

「CMONOS.JP」は、CGI 設置の知識さえあれば簡単に設置できます。サイトの引っ越しも簡単です。FTP でサイト全体をダウンロードし引っ越し先サーバへアップロードするだけ。たとえサーバを引っ越さなければならなくなったとしても安心です。

ノウハウを簡単に再利用

一度作り込んだ設定やサイトは、共有設定またはサイトテンプレートとして保存できます。共有設定とサイトテンプレートを活用すれば、同じ設定またはサイトをクリック一つで再現可能。工夫を凝らしたカスタマイズを資産として蓄積することができます。

既存ページをブラウザから更新可能に

予算がなく既存ページの一部だけブラウザから更新できるようにしたい。「CMONOS.JP」なら、そんなニーズにも簡単に対応できます。ページそのものをテンプレートとする「ホームページメーカーLite」で、URL を変更することなく既存ページをブラウザから更新可能に。もちろん、強力なカスタムフィールド機能のすべてに加え、RSS2.0 の配信にも対応。簡単な作業で既存ページに高機能な更新システムを組み込むことができます。

ノーメンテナンスで長持ち

CMONOS.JP は、成熟した技術ばかりを採用して開発されました。そのため、採用技術のバージョンアップによって突然不具合が出るということがめったとありません。

「CMONOS.JP」開発の背景

「CMONOS.JP」は、今まで高機能なサーバや高機能な CMS に手が出なかった方に、サイト規模にあった柔軟なシステムを低価格で提供することをめざして開発されました。「CMONOS.JP」には、中小規模サイトのためのさまざまなツールが用意されています。ぜひ一度お試しください。【非商用個人無料】


【会社概要】
社名   : 株式会社CMONOS
本店所在地: 京都府木津川市
設立   : 2007年11月1日
代表取締役: 遠藤 千尋
URL    : http://cmonos.jp/

更新情報

最近の記事

RSS

カレンダー

2010年5月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
このページのトップへ