Follow Us.RSS

2009年5月7日(木)CMONOS.JP ver1.2.20090507 を公開しました

  • 株式会社CMONOS(本社:京都府木津川市、代表取締役:遠藤 千尋)は、2009年5月7日、同社の開発するカスタムフィールドCMS「CMONOS.JP」の最新版「ver.1.2.20090507」を公開しました。ブログやニュース、コラムを更新するツールの不具合を修正しました。

  • (2009年5月7日(木) 午後10時34分57秒 更新)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

ver1.2.20090507 の変更点

ブログやニュース、コラムを更新するツール「ホームページメーカー」の不具合を修正しました。

旧バージョンからのユーザーは「CMONOS.JP」をダウンロード後、同梱の HowToUpdate.html の説明にしたがってアップデートしてください。

不具合の修正

  • 「ホームページメーカー」で複数のカテゴリーが存在するとき、総合インデックスの全てのカテゴリーの更新時(日)が、最後に更新したカテゴリーのものになる不具合を修正しました。
  • 「ホームページメーカー」の記事数表示が「非表示」記事を含んでしまう不具合を修正しました。
  • 「ホームページメーカー」で1つしかない記事を削除したとき、インデックスにその記事の ID が残ってしまう不具合を修正しました。
  • 「ホームページメーカー」で記事の日付またはフォルダ名を変更したとき、外部インデックスに古い日付またはフォルダ名の ID が残ってしまう不具合を修正しました。

仕様の変更

  • 「ホームページメーカー」で1つしかない記事を削除したとき、そのカテゴリーのインデックス全体を消去するようにしました。

不具合からの復帰について

インデックスあるいは外部インデックスに削除した記事の ID が残ってしまう場合、次のようにします。

  1. 「一般設定」で、「外部インデックスの更新停止」の全ての項目をチェックし、「更新するRSS」の全ての項目のチェックをはずし、「保存」します。
  2. 「一般設定」で、上記項目を元に戻し「保存」します。
  3. 「一般設定」で、「すべての記事を最新のテンプレートを使って書き換え可能にする」をチェックし、「保存」します。
  4. 記事一覧を開きます。日付管理モードで記事一覧を表示するには「前の記事」または「次の記事」を表示し、同日記事を「修正」「する」を選択します。
  5. 日付管理モードの場合は「履歴も書き換える」をチェックし、「すべての記事を最新のテンプレートを使って書き換える」をクリックします。作業が完了するまでブラウザを閉じずにそのまま待ちます。

「CMONOS.JP」とは

「CMONOS.JP」は中小規模サイト向けのカスタムフィールド CMS です。サイト全体を構築する必要がない場合は、必要なツールから個別に活用することができます。

日記やニュースを更新するためのツールのほか、掲示板、カレンダー式のスケジューラー、ウェブデータベース、フォームメール作成ツールなどを、ブラウザからの操作だけで、必要なツールを必要なだけインストール可能。しかも、これら入力欄を伴う全てのツールでフィールド(入力項目)を自由に組み合わせることができます。

トラックバックや採点までフィールドとして用意されているので、投票ボタン付きのウェブデータベース、アンケート付きのブログ、コメント付きのカレンダーなどなど、ユニークなカスタマイズが思いのまま。

自由自在にカスタマイズしたツールから、RSSはもちろんポッドキャストを配信することもできます。

【ビデオツアー】
http://cmonos.jp/tour/

【サンプルサイト】
http://cmonos.com/

「CMONOS.JP」を使うメリット

簡単設置、簡単お引っ越し

「CMONOS.JP」は、CGI 設置の知識さえあれば簡単に設置できます。サイトの引っ越しも簡単です。FTP でサイト全体をダウンロードし引っ越し先サーバへアップロードするだけ。たとえサーバを引っ越さなければならなくなったとしても安心です。

ノウハウを簡単に再利用

一度作り込んだ設定やサイトは、共有設定またはサイトテンプレートとして保存できます。共有設定とサイトテンプレートを活用すれば、同じ設定またはサイトをクリック一つで再現可能。工夫を凝らしたカスタマイズを資産として蓄積することができます。

既存ページをブラウザから更新可能に

予算がなく既存ページの一部だけブラウザから更新できるようにしたい。「CMONOS.JP」なら、そんなニーズにも簡単に対応できます。ページそのものをテンプレートとする「ホームページメーカーLite」で、URL を変更することなく既存ページをブラウザから更新可能に。もちろん、強力なカスタムフィールド機能のすべてに加え、RSS2.0 の配信にも対応。簡単な作業で既存ページに高機能な更新システムを組み込むことができます。

ノーメンテナンスで長持ち

CMONOS.JP は、成熟した技術ばかりを採用して開発されました。そのため、採用技術のバージョンアップによって突然不具合が出るということがめったとありません。

「CMONOS.JP」開発の背景

「CMONOS.JP」は、今まで高機能なサーバや高機能な CMS に手が出なかった方に、サイト規模にあった柔軟なシステムを低価格で提供することをめざして開発されました。「CMONOS.JP」には、中小規模サイトのためのさまざまなツールが用意されています。ぜひ一度お試しください。【非商用個人無料】


【会社概要】
社名   : 株式会社CMONOS
本店所在地: 京都府木津川市
設立   : 2007年11月1日
代表取締役: 遠藤 千尋
URL    : http://cmonos.jp/

更新情報

最近の記事

RSS

カレンダー

2009年6月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930
2009年5月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
2009年4月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
このページのトップへ